Dassault Systèmes
(ダッソー・システムズ)

ダッソー・システムズは、3D設計&エンジニアリングソフトウェアにおける世界的リーダーです。キャップジェミニは、ダッソー・システムズとのパートナーシップを通じて、お客様が製品を設計・製造するための次世代パラダイムを採用する準備を整えられるよう多面的に価値を提供して、お客様を支援します。

デジタル継続性

2019年開催の3DExperience Forumでは、米国IQMS社の社長であり、ダッソー・システムズならびにフォーブスの寄稿者でもあるLouis Columbus氏とキャップジェミニのPLM責任者Alex Caponeが対談を行い、複数のBOMを含む製造の全工程にわたるエンジニアリングからデジタルツインに至るまで、また実際のパフォーマンスと効率性の最適化の実現まで、さまざまなサイロを排除するプロセスを統合して、キャップジェミニがいかにしてデジタル継続性を実現するかについて語りました。

製品ライフサイクル管理&エンジニアリングソフトウェア

キャップジェミニは、2011年から、ダッソー・システムズとグローバルならびにローカルパートナーシップを結んでいます。キャップジェミニは現在、ダッソー・システムズのシステムインテグレーターであり、3DEXPERIENCEプラットフォームの戦略的パートナーでもあります。両社のパートナーシップのハイライトは、以下のとおりです。

  • 完全な3DEXPERIENCEスイートを備えたイノベーションラボ
  • ENOVIA PLMに特化した専用事業部門
  • テクニカルサポートへの直接アクセスが可能
  • 共同ソリューションとオファリングの特定および開発
  • 特定のソリューション、特定の業界に関する共同市場開拓・参入

アディティブマニュファクチャリング(金属3D積層造形)

さまざまな企業において、価値創造を強化・促進する、スケーラブルなグローバル展開プロジェクトによって、プロトタイプの作成や短期製造を超えてその先へと進むために、それぞれの産業環境におけるアディティブマニュファクチャリングのポテンシャルの調査・検討が進められています。企業は、設計、エンジニアリング、プロトタイピング、テスティング、アディティブマニュファクチャリングをつなぐデジタル継続性により、それぞれのフェーズで品質、再現性、セキュリティを確保しながら、製品の強度や重量、柔軟性、性能をコスト効率よく改善し、生産リードタイムを短縮し、プロトタイピングならびにR&D設計検証のプロセスを加速することが可能になります。

キャップジェミニは、ダッソー・システムズとのパートナーシップを通じて、航空宇宙・防衛産業、エネルギー、自動車、公益事業その他の業界の企業に向けて、業界アプリケーションにおける3Dプリンティングまたはアディティブマニュファクチャリングの使用を探求し実装する統合ソリューションを提供します。

モデルベースシステムズエンジニアリング(MBSE)とバーチャルエンジニアリング

ダッソー・システムズは、独自の3DEXPERIENCEプラットフォームを提供しています。このプラットフォームは、エンジニアリングから製造までのデジタル継続性を実現するためにシステムエンジニアリングで使用するソフトウェアアプリケーションを備えた、ビジネスエクスペリエンスプラットフォームです。キャップジェミニは、この最先端技術を活用して、産業エンジニアリングをはじめグローバルアーキテクチャ&システムアーキテクチャ、モデリング、シミュレーション、複雑なシステムプロジェクト管理、コネクティビティの領域にコンサルティングとテクノロジーサービスを提供して、インダストリアル企業によるデジタルトランスフォーメーションの採用を支援します。

キャップジェミニとダッソー・システムズは、MBSE組織やバーチャルエンジニアリング組織を3Dデジタル継続性の流れの重要な一部として、キャップジェミニが提案・提供するデジタルマニュファクチャリングに完全に組み込みます。産業界のお客様は、システム定義ならびにシステム開発の期間中に、モデル準拠のシステムとサブシステムの実装が可能になるでしょう。私たちは、プロセス産業、輸送、エネルギー、ライフサイエンス、ラグジュアリー産業など、あらゆる産業分野にサポートを提供いたします。