Smart Factories
@ Scale

大規模スマートファクトリー : 設計による効率化&閉ループオペレーションを通じて、1兆ドルの価値を獲得

スマートファクトリーのポテンシャルのピークを目指してイニシアチブの規模を調整

キャップジェミニは、インテリジェントインダストリーのビジョンに、IT(情報技術)とOT(運用技術)の融合のみならず、物理世界とデジタル世界の融合も取り入れています。そして、このインテリジェントインダストリーに不可欠なのが「スマートファクトリー」です。スマートファクトリーは計り知れないポテンシャルを秘めており、それがもたらす価値の規模はこれまでになく大きくなります。 スマートマニュファクチャリングプラットフォームの市場だけでも2019年には44億ドルに達し、今後5年間着実に成長すると予想されています。また、大多数の企業が課題を理解しています。2017年の調査で、すでにスマートファクトリーのイニシアチブを進行中と答えた製造企業は43%でしたが、2019年には68%に増えました。ただし、それらのイニシアチブが成功するのは、規模が適切な場合に限ります。

スマートファクトリーのイニシアチブは規模が適切な場合に限り、成功する

キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートは、イニシアチブの進捗、デジタル技術の採用、そして製造企業が規模の達成において直面する課題を理解するために、製造企業1,000社、主にスマートファクトリーのイニシアチブが進行中の企業をターゲットに調査を実施しました。また、スマートファクトリーイニシアチブまたはスマートファクトリーそのものを監督するエグゼクティブの方々と掘り下げたディスカッションを20回近く行いました。そして、かかる調査の結果を新しいレポート、『Smart Factories @ Scale ― 大規模スマートファクトリー 設計による効率化&閉ループオペレーションを通じて、1兆ドルの価値を獲得』にまとめました。

調査所見は以下の通りです。

  • 企業は、スマートファクトリーがこれからの考え方/やり方であることを理解しています。イニシアチブの数は増えており、「設計による効率化」と「閉ループオペレーション」が共に利益をもたらしています。
  • スマートファクトリーがもたらす価値の規模はこれまで以上に大きくなり、平均2兆ドルに達しています。しかし、その3分の2はいまだ実現されていません。
  • 秘訣は規模を拡大したイニシアチブにありますが、「うまくいっている」と考える企業はわずか14%です。
  • リードするハイパフォーマンス企業に学ぶ - 彼らのベストプラクティスは、設計の効率化と有効なオペレーションのバランスを取ります。

IT-OTの融合、バーチャル&ループバックオペレーション、そしてトランスフォーメーションマスタリーが成功のカギです

企業が規模の拡大を成功へと導くためには、強力なガバナンスとともに、進捗を評価するための指標と方法論を導入する必要があります。また、データ駆動型オペレーションの文化を育成するとともに、さまざまなデジタルプラットフォームを製造オペレーション全体で展開・統合するための統一プログラムを開発する必要もあります。そして最後に、クロスファンクショナルなキャリアパス、スキルアップ、採用を通じて、ハイブリッドなスキル、ソフトスキルを育成する必要があります。これこそが、スマートファクトリーというレースで先頭を維持するフロントランナー企業を支えるベストプラクティスです。ペースを維持するためには、スマートファクトリー「初心者」企業は、「大きく構想し、小さく始める」、試行錯誤を続ける「実験者」企業は、スケールアップする前に基礎に投資するべきです。

Smart Factories JP

File size: 3.86 MB File type: PDF

Infographic – Smart F...

File size: 906.82 KB File type: PDF

Sound Bites

インド最大級の大型商用車メーカー、Ashok LeylandのCTO、Sheshu Bhagavatula氏

スマートファクトリーイニシアチブを開始した主な理由が3つのあります。第1の理由は、古いファクトリーのオペレーションを近代化、デジタル化することにより、古いファクトリーの生産性を向上させるため、第2の理由は、人間では検出が困難な品質問題に対処するため、そして第3の理由は、受注生産または大量カスタマイズの機能を組み込むためです。

Volvo Cars社、Virtual Methods and IT部門のシニアマネージャー、Martin Widsing氏

最大の課題は、シンプルに購入・実装してそのまま使用できる製品やプラットフォームがないことです。実際に使用できる状態になるまでに膨大なカスタマイズと構成・設定を行う必要があります。

Key Insights

33%

製造企業でデジタル的に最適化されている生産プロセスの割合(平均)

14%

自社のスマートファクトリーイニシアチブをいまのところ「成功」していると考えている企業の割合

>50%

デジタルプラットフォーム&テクノロジーの展開および統合がスマートファクトリーイニシアチブ拡大のための主要課題であると理解している企業の割合

About the Capgemini Research Institute

キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュート

業界No.1に格付けされたデジタル全般に関するキャップジェミニの社内シンクタンク

クッキー

By continuing to navigate on this website, you accept the use of cookies.

For more information and to change the setting of cookies on your computer, please read our Privacy Policy.

閉じる

クッキーの情報を閉じる