キャップジェミニ、デジタル戦略・デザインコンサルティング企業Ideanの買収により、デジタル分野におけるリーダーシップを強化

公開日

【2017年2月16日:パリ発】     

世界有数のコンサルティング、テクノロジー&アウトソーシングサープロバイダーであるキャップジェミニは、 デジタル戦略とデジタルエクスペリエンスのデザインコンサルティングで急成長している企業Idean の買収を発表しました。Idean はパロアルトに本社を置き、オースティン、ロサンジェルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、ヘルシンキ、ベルリンにスタジオを展開しています。キャップジェミニ・グループは、今回のIdean 買収により、特に北米において、ユーザー中心でデジタルファーストのエクスペリエンスデザインと戦略サービスを強化し、デジタルスタジオの拠点を拡充します。これは、エンド・ツー・エンドのデジタル・サービスに対して高まりつつある顧客の要望に対応しています。

キャップジェミニ・グループの会長兼最高経営責任者Paul Hermelinのコメント:顧客の要求は変わりつつあります。 カスタマーエクスペリエンスを見直す際にデジタルデザイン、デジタルクリエイティビティ、デジタルアジリティーに取り組むサービスプロバイダーが、顧客と戦略的な対話を進展させ、独自の差別化成果を生み出し、真のデジタルパートナーとして市場シェアを獲得しています。 Ideanの買収は、特に北米におけるイノベーションとデジタル化に重点的に取り組むキャップジェミニ・グループの成長戦略の一環です。Idean の北欧型デザイン思想とシリコンバレーの考え方は、キャップジェミニの進歩的なデジタルカスタマーエクスペリエンスの提供をより強化するのに最適です。

Ideanは、1999年にフィンランドのヘルシンキに設立され、主に、デジタルユーザーエクスペリエンス(UX)、カスタマーエクスペリエンス(CX)、デジタル戦略に特化したサービスを提供しています。現在150人以上のデジタルストラテジスト、エクスペリエンスデザイナー、フロントエンド開発者で構成されるチームは、過去18年にわたり、欧米の多様なクライアントにサービスを提供してきました。クライアントは、ベイエリアの破壊的なスタートアップ企業、主に西海岸に拠点を置くグローバル大手テクノロジー企業、自動車および家電製品の著名なブランド、デジタル時代に向けて自ら改革を行っている企業などで、たとえば、LG、メルセデス・ベンツ、ソニー、フォルクスワーゲン、23andMe、エアバス、コール ハーン、エリクソン、IBM、インテル、Keskoが含まれます。Ideanは、十分なユーザー理解からはじめ、次の3つの主要な領域でクライアントを支援します。戦略的機会の構想デザイン、デジタルエクスペリエンスのデザインと構築、そして業務やデザイン思考を新しい方法で行う能力開発による企業文化の改革。

 

Ideanの創業者でCEOであり、今後キャップジェミニに加わる予定のRisto Lahdesmaki氏のコメント:Ideanは、企業が新しい戦略的機会を捉え、深いユーザー理解に基づいてデザインされたデジタルエクスペリエンスの提供を支援するために結成されました。当社がキャップジェミニと協力することは、非常にエキサイティングであり、当社の進むべき新たな一歩といえるでしょう。Ideanの顧客は、より拡大し広範にカバーする、デジタル戦略、CXトランスフォーメーション、コネクテッドビークルやIoTの豊富な業界専門知識、グローバルなエンドツーエンドデリバリーのサービスポートフォリオからすぐにメリットを享受できることでしょう。 当社の従業員は、キャップジェミニに加わることで、新たな顧客や新しいプロジェクトにキャップジェミニチームとともに取り組むことから、キャリア展望の拡大に至るまで、新しい機会が開かれることでしょう。

買収の手続きは2017年2月末までに完了する予定です。