キャップジェミニと
ライダーカップが
6年間のパートナーシップを発表

公開日

キャップジェミニはグローバルスポンサーシップを拡大し、2021年はワールドワイドサプライヤーとして、2023年ローマ以降はワールドワイドパートナーとして初めてゴルフ界にテクノロジーに関する豊かな専門知識を提供します。

 

パリおよびフロリダ州パームビーチガーデンズ、2021年9月23日 – 全米プロゴルフ協会(PGA of America)とライダーカップヨーロッパ(Ryder Cup Europe)は本日、キャップジェミニとの6年間のパートナーシップを新たに今年のライダーカップから開始することを発表しました。

キャップジェミニは、第43回ライダーカップのワールドワイドサプライヤーとして初めての年を迎えた後、ローマで開催される2023ライダーカップ、ニューヨーク州ファーミングデールで開催される2025ライダーカップ、アイルランドのリメリック県で開催される2027ライダーカップでは、ワールドワイドパートナーに躍進し、業界をリードするデジタル変革のノウハウにより、ファンと実行組織のためにライダーカップを盛り上げます。

スポーツ界で最も重要なイベントの1つであるライダーカップとのワールドワイドパートナーシップは、団体戦を通じて世界中から優秀な選手を集め、世界中のゴルフの発展を支援するものであり、キャップジェミニのゴルフ史における重要な一歩となります。このパートナーシップは、キャップジェミニとライダーカップ両者の中心に位置付けられる才能、チームスピリット、高パフォーマンスの強化と盛り上げにキャップジェミニが力を注いでいることを反映するものです。今年のライダーカップは、隔年で行われる、ヨーロッパ対米国の男子チームの大会でしたが、2020年9月から延期され、金曜日にウイスコンシン州コーラーのウィスリングストレイツのストレイツコースで開始することになっています。キャップジェミニは、ウィスリングストレイツにおける新たな役割で注目を集める立場となり、6年間のスポンサーシップを通じて、全米プロゴルフ協会とライダーカップヨーロッパに技術サポートと変革的なソリューションを提供していきます。

キャップジェミニは、50ヵ国に約30万のチームメンバーを擁するグローバルリーダーとして、米国やヨーロッパのライダーカップ開催国での安定したオペレーションを含め、世界各地でライダーカップのプロモーション活動を展開し、多様なグローバルファン層をさらに拡大していきます。

キャップジェミニは、テクノロジーとビジネス変革の豊かな専門知識を通じて、ライダーカップの真のパートナーとなり、ライダーカップヨーロッパおよび全米プロゴルフ協会と連携し、両業界の成功の基本とされる精度と正確度のレンズを通して、テクノロジーとスポーツの最新イノベーションに常に順応し、習得して適用します。

キャップジェミニCEOであるアイマン・エザットのコメント: 「キャップジェミニでは、ゴルフの価値と、その主要チーム大会であるライダーカップを共有しています。ライダーカップは、素晴らしい国際イベントであり、グループにとって大きなチャンスです。テクノロジーに関する当社の豊かな専門知識を2021年に初めて、そして今後数年にわたってゴルフ界にもたらすことができると思うと胸の高まる思いです。この新たな長期のワールドワイドパートナーシップは、キャップジェミニ・グループの国際的な広がりと多様性や、トップクラスの人材で構成される国際チームが共通の目標に向かって協力することで実現可能な内容を反映しています。」

全米プロゴルフ協会代表ジム・リチャーソンのコメント: 「キャップジェミニがライダーカップに注ぐ敬意とその価値に対する尊重が、両者にとってリレーションシップを始める絶好の出発点となりました。」「キャップジェミニとの新たなパートナーシップを大変嬉しく思います。ウィスリングストレイツのライダーカップにキャップジェミニをお迎えできることを楽しみにしています。また、2023年のイタリア、2025年のニューヨーク、2027年のアイルランドに向けて協力していけることに感謝いたします。」

ヨーロピアンツアー(European Tour)副最高経営責任者、ライダーカップディレクター兼最高商務責任者ガイ・キリングスのコメント: 「ライダーカップは世界中の人々をつなぐ、まさにグローバルなスポーツイベントであるため、テクノロジー業界のグローバルリーダーであるキャップジェミニが、ローマ以降のワールドワイドパートナーを含め、今後の4つの大会で我々のコマーシャルファミリーの一員となることを喜ばしく思います。現代のライダーカップではテクノロジーがこうした重要な役割を果たしており、この分野におけるキャップジェミニのイノベーションと専門知識により、世界で最も注目を集めるスポーツ大会の1つが間違いなく成功すると考えています。」

今回のライダーカップの発表に先立ち、キャップジェミニはラグビーワールドカップフランス大会のワールドワイドパートナーになり、そのデジタル変革パートナーとしてワールドラグビーに参加しています。ゴルフとラグビーのどちらのパートナーシップも、チームスピリット、精度、高パフォーマンスによって推進されるグローバルなスポーツイベントを盛り上げるキャップジェミニのスポンサーシップ戦略を牽引しています。

 

# # #

キャップジェミニについて

キャップジェミニは、テクノロジーの力を活用して企業ビジネスの変革・管理を支援するパートナーシップにおけるグローバルリーダーです。キャップジェミニ・グループは、テクノロジーを通して人々が持つエネルギーを解き放つことで、包摂的で持続可能な未来を目指し、日々まい進しています。私たちは、世界約50ケ国の29万人に及ぶチームメンバーから成る、極めて多様的で責任感の強い組織です。キャップジェミニは、50年にわたって積み上げてきた経験と実績そして豊かな専門知識を活かし、クラウド、データ、AI、コネクティビティ、ソフトウェア、デジタルエンジニアリング、プラットフォームなど、急速に進化するイノベーティブなテクノロジーを原動力として、戦略から設計、オペレーションに至るまで、お客様の幅広いビジネスニーズすべてに対応して、お客様から厚い信頼をいただいています。グループ全体の2020年度の売上は、160億ユーロです。

Get The Future You Want – 望む未来を手に入れよう | www.capgemini.com

 

PGAについて
全米プロゴルフ協会は、28,000人近いプロゴルファーで構成される世界最大級のスポーツ組織の1つであり、ゴルフへの関心を高め、競技者を増やす目的で日々活動しています。全米プロゴルフ協会の詳細については、PGA.comにアクセスして、 TwitterInstagramFacebookをフォローしてください。

 

ライダーカップヨーロッパについて

ライダーカップヨーロッパは、ヨーロピアンツアー(60%)、英国およびアイルランドプロゴルフ協会(PGA of Great Britain and Ireland)(20%)、ライダーカップヨーロピアン開発トラスト(RCEDT)を介したプロゴルフ連盟(CPG: Confederation of Professional Golf)(20%)の代表で構成される協会であり、ヨーロッパでの大会開催時にライダーカップの権利を有します。

ヨーロピアンツアーは管理パートナーであり、主にヨーロッパチームに関するすべての事項について責任を有します。英国およびアイルランドプロゴルフ協会は設立パートナーであり、プロゴルフ連盟は、開発パートナーであるRCEDTの管理を担当します。

2020ライダーカップのワールドワイドパートナーは、Aon、BMW、BP、RBC、およびRolexです。

ヨーロッパライダーカップオフィシャルショップ

ヨーロッパライダーカップオフィシャルショップでは、Footjoy、Peter Millar、Glenmuirなど、一流ブランドのライダーカップオフィシャル商品を購入できます。今すぐストアをご覧ください。

Press release

File size: 209.61 KB File type: PDF