Obbligato PLMによる
デジタル連続性の実現

公開日

設計から製造へ製品データのシームレスな移行を実現 – ドキュメント管理、コスト管理、プロジェクト管理、データ持ち出し制御

デジタル連続性の時代においても、製品データは、個別のALM, PLM、ERP及びレガシーシステム等において部分的または全体的に統合されていても、依然、サイロ型で管理されています。そのため、製品ライフサイクル全体に渡り、一貫した製品データ及び最新の製品データへの安全かつ効率的なアクセス環境が必要になります。PLMシステムは、製品の開発、生産及びサービスを統合するため、インダストリー4.0のイネーブラーとなります。コラボレーションプロセスにおけるPLMシステムの利用は、データが持つ力を活用したイノベーションの促進、斬新で 差別化された「スマート」製品の開発、サプライチェーンの改善、新しいカスタマーエクスペリエンスの創造や新しい価値の源泉を提供するためにますます重要になってきています。

キャップジェミニは、テクノロジーコンサルティング、IT、エンジニアリング、およびR&Dサービスの世界的リーダーとして、ビジネスモデルをはじめ、製品、運用、サービスに至るまで、インテリジェントインダストリーのエンドツーエンドでのバリューチェーン全体に渡る領域において、お客様と協働する唯一の立場にあります。

Obbligato PLMの導入

PLMプラットフォームであるObbligatoは、製品のコンセプト作成、製品ライフサイクルにおける設計や製造工程をカバーする強力な部品表(BOM)管理機能と性能を備えています。Obbligatoの優れたアーキテクチャは、お客様にビジネスニーズに応じて、簡単にシステムを 構成できる直感的でユーザーフレンドリーなインターフェイスや機能を提供します。Obbligatoの疎結合アーキテクチャは、製品データを連携し、製品のトレーサビリティを管理するために、ユーザー同士をエコシステムにつなぎます。

Obbligato ではBOMや工程表(BOP)等、製品の製造におけるプロセス全体をシームレスに管理することが可能です。

JP_Digital continuity with...

File size: 1.81 MB File type: PDF

Related Resources

Electric Vehicle Charging Infrastructure Development

Will there be enough charging points to support electric vehicle rollout in the next decades,...

WEMO 2019: Key Findings

Five key findings on climate change, energy transition, industry transformation, sector...