「金融サービス機関向け
RPAでトップクラスの
サービスプロバイダー」
に認定される

公開日

インテリジェント・オートメーションはアジア太平洋 (日本を除く) 地域で
力強い成長が見込める分野

パリ発、2020年11月18日 – IDCが先日発表した「IDCの視座: 金融サービス機関をインテリジェント・オートメーションへ向けて進化させる、先進的RPAサービスプロバイダーの6つの専門能力」と題するレポートの中で、キャップジェミニは「金融サービス機関 (FSI) 向けインテリジェント・オートメーション[1] サービスの先進的なプロバイダー」として認められました。

キャップジェミニの金融サービス部門CEO兼グループ常任理事会メンバーであるアニルバン・ボーズは、次のように述べています:「アジア太平洋地域はデジタル潮流のホットスポットです。どの金融サービス機関も、この地域で競争をリードするためには、ビジネスの成長を加速化し、顧客体験を向上させ、経営効率を改善させるためのデジタル投資が重要だと考えています。当社では、新たなイノベーションの恩恵を業務にうまく採り入れながら変化の波を乗り越える能力 – 即ち、人とテクノロジーを融合させてビジネスの成果を生み出す能力こそが成功の秘訣だと考えています。当社のIPAに関わる能力がIDCから評価されたことで、デジタルを成功要因として重視するAPAC地域において、当社が確固たるイノベーション提供能力を有している事の証となりました。」 

IDCは、拡張性と持続性のある成果を生み出してきたキャップジェミニの様々なスキル(以下)を評価しています:プロセスの特定と最適化、全社規模のデリバリー、安全性・ガバナンス・導入後のサポートに関する確固たる信念、AI技術と革新的ツールを活用したインテリジェンス、人材と強力なサポートができるエコシステムの可用性

IDC Financial Insightsのリサーチ・マネージャーであるスネハ・カプール氏は次のように述べています。「 IDC Financial Insightsでは、アジア太平洋地域でトップクラスと呼ばれる銀行や保険会社の75%が、2022年までにインテリジェント・オートメーション系ソリューションを大規模に展開し、卓越したビジネス価値の実現や、よりリアルタイムで状況に応じた顧客体験の提供を推進すると予想しています。インテリジェント・オートメーションに対して急速に高まりつつある需要に応えるべく、キャップジェミニは同社の市場戦略を見直し、顧客の置かれたビジネスやテクノロジーの実情を把握した上で、フロント、ミドル、バックの全部門業務に持続可能で投資に見あう効果(ROI)をもたらすための、目的に即し個別化されたソリューションやアドバイスを提供しようと努めています。そして、同社は、インテリジェント・オートメーションをエンド・ツー・エンドで顧客に提供することを視野に、各種のツールやフレームワークの開発に向けて相当規模の投資も行っています。」 

IDCは同レポートで、キャップジェミニがインテリジェント・プロセス・オートメーション (IPA) プロジェクトの全ライフサイクルを手掛けている点を取り上げています。そこにはアウトプット中心の斬新なコマーシャルモデルを通じ、期待されるビジネス成果を達成する能力も含まれています。その他、IPA分野における当社の能力として、「潜在的な自動化ヒートマップ」の開発、そしてシームレスなエンド・ツー・エンドのIPA実装やPerform AI (包括的なソリューション・ポートフォリオ) へのアクセスを可能にするクラウド対応/テクノロジー非依存型/プラグ&プレイのプラットフォームの活用にも言及しています。

IDCのレポート “IDC Perspective: Six Capabilities from Leading RPA Service Providers That Advance Financial Services Institutions Toward Intelligent Automation” は、IDCのウェブサイトで閲覧できます。 

キャップジェミニについて

キャップジェミニは、コンサルティング、デジタルトランスフォーメーション、テクノロジー&エンジニアリングサービスのグローバルリーダーです。キャップジェミニ・グループはイノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年以上にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略から運用まで、弊社の一連のサービスを通じて、企業がビジネスビジョンの実現をご支援致します。キャップジェミニの信念は、「テクノロジーに関わるビジネス価値は人を通じて具現化される」ことであり、この信念こそが弊社の原動力となっています。キャップジェミニは、世界約50ケ国27万人に及ぶチームメンバーで構成される多文化企業です。アルトランを含むグループ全体の2019年度売上は、170億ユーロです。

キャップジェミニ株式会社については、以下をご覧ください。
www.capgemini.com/jp-jp/

 

[1]インテリジェント・オートメーションは、インテリジェント・デジタルワークフォースを指し示すものとして、金融サービス業界で用いられます。IDC Financial Insightsのインテリジェント・デジタルワークフォースは、インテリジェント・デジタルワーカーで構成されます (本質的にはソフトウェア・ロボットで、構造データと非構造データの両方を継続的にキャプチャー・理解・分析することで、決定性タスクと非決定性タスクのどちらも実施できます)。

Capgemini Leader in IPA...

File size: 152.14 KB File type: PDF