アプリケーション
Technology & IPA

Technology & IPAにおける課題とトレンド

近年、日本では深刻な労働力不足が顕在化し、社会問題となりつつあります。さらには2019年4月に働き方改革関連法案が施行され、イノベーティブな働き方の創出を目的とし、より効率的な働き方が求められています。

その解決策の手段とし注目されているのがRPAであり、海外で先行して導入が進み、日本でも2015年より徐々に取り組む企業が見られ、2017年には金融機関を中心に導入が始まり、最近では大企業はもちろん官公庁や中小企業にまで裾野が拡大しています。RPAに煩雑な作業を任せることで単純作業から開放され、創造的な業務にシフトすることができるだけでなく、RPAとAI(人工知能)や機械学習などのコグニティブ(cognitive)なソリューションを組み合わせたIA(Intelligent Automation)により、高度な業務プロセスの自動化が可能となり、より広範囲にわたり業務自動化の効果を享受することができます。

当社では、グローバルで3000名以上のオートメーションの専門家を擁し、グローバルで培われたノウハウと方法論により、多くのグローバル企業にサービスを提供しています。
2018年11月には米国HFSリサーチ社が発表した「HFS TOP10 RPAサービス・プロバイダー2018」において、キャップジェミニが第2位を獲得しました。また、日本においては、2017年よりサービス提供を開始し、保険、製薬、自動車、自治体など幅広い業種でコンサルティング、導入を支援しています。


サービスを通じて、組織の業務効率化を実現


オートメーションの専門家がコンサルティングから ロボット開発、運用・保守まで 一気通貫のサービス提供を行います。

オートメーションアドバイス(初期導入までの支援)
●プロセス選定
● 実証(PoC)による効果検証
●RPA戦略策定とロードマップ策定

オートメーションデリバー(本格導入支援)
● ロボット設計・開発・テスト
● RPA統合プラットフォーム構築
● トレーニング
● ガバナンス体制構築支援

オートメーションオペレート(運用・保守支援)
● ロボット監視と保守
● アウトソーシング

主なPRA取り扱い製品
● UiPath、Blueprism、AutomationAnywhere、PowerAutomateほか

クライアントのプロジェクト(製造業)

※クリックして詳細をご覧ください。

デジタル技術・自動化技術導入により作業方法を標準化し、財務経理プロセルのさらなる効率化・透明化・迅速化を推進

クライアントのプロジェクト(行政)

※クリックしてご覧ください

※クリックしてご覧ください

茨城県の行政運営の効率性向上を目指しRPA(Robotic Process Automation)による実証実験を開始


その他のプロジェクト

損害保険会社:事務部門におけるPOC実施および本番適用(20プロセス以上)

損害保険会社:他社が構築したロボットを引継ぎ、保守

生命保険会社:保険申込時の査定業務における機械学習のPoC

製薬メーカー:財務部門などのPOC、本番適用、ガバナンス体制構築支援および運用・保守(30プロセス以上)

製造業:財務部門におけるPoC実施

自動車メーカー:財務部門のBPOに伴い、BPOセンターでのRPA利用による生産性向上、品質改善された業務運用

自治体A:庁内業務のPoC、本番展開および保守(10プロセス以上)

自治体B:庁内業務のPoCおよび本番展開(30プロセス以上)

カタログ

ダウンロードしてご覧ください。※英語でのご提供となります。

インテリジェントオートメーション活用により、ファイナンスを再創造する

主なメンバー紹介

主なメンバー紹介

KOU
メッセージを読む

キャップジェミニでの仕事

キャップジェミニに入社するということは、単に新しい仕事を始めるということではありません。もっと大きなものの一翼を担うことなのです。

キャップジェミニは、情熱とスキルを兼ね備えた人材、イノベーションに対するテクノロジードリブンなアプローチ、クライアントへの深いコミットメントを結集し、クライアントがテクノロジーの真の価値を解き放てるように支援しています。 

新卒入社も経験を積んだ専門家も、世界の一流企業と協業して、クライアントのビジネスの強化そして変革に取り組むことができます。