Skip to Content
多田 英治

多田 英治

EIJI TADA
Portfolio Manager

Japan

Experienced professionals

Digital Customer Experience

– PROFILE

筑波大学 情報学類卒業後、通信キャリア、オンラインコングロマリットグループ等を経て2019年よりキャップジェミニに参画。

顧客起点のアプローチによる、企業やサービスの戦略策定、ウェブサイトやアプリの構想策定・新規立ち上げ・改善、オウンドメディア立ち上げ、デジタルマーケティング実行、デジタル関連部門立上げ、開発プロセス改善などに多数の実績を持つ。こうした実務経験をもとにキャップジェミニでは、ユーザエクスペリエンス(CX)、カスタマーエクスペリエンス(UX)に関連する、デジタル領域全般での戦略策定、課題解決支援、組織の立ち上げや運営支援、デジタル関連サービスやプロダクトの立ち上げ・設計・開発・改善支援、デジタルマーケティング支援、データ活用支援などに従事。

– MESSAGE

昨今の不確実性が高く将来の予測が困難なVUCA時代において、企業は様々な変化に柔軟かつ迅速に対応することが求められています。その変化の中心に据えられるデジタルテクノロジーの導入とデータ活用を成功させることで、企業は高い競争力を獲得することができます。

キャップジェミニでは世界の各拠点と連携し、クラウド、データ活用、AIなどの最新かつ幅広いテクノロジーに対する知見やベストプラクティス、そしてそれらをビジネスに活用して本来の目的を実現するためのスキルや方法をを共有しています。

グローバルで約34万人の社員がおり、チームスピリットと信頼の文化や多様性を大切にし、様々なバックグラウンドを持つメンバーが協力してイノベーションを生み出しています。一方で、日本においては、その規模も知名度も成長過程にあり、ベンチャーのようなスピード感や自由度、一体感の中で日々の業務が行われており、新しいアイディアを提案し、自らの力でプロジェクトを推進できる環境が整っています。

デジタル時代におけるリーダーシップや戦略的思考が求められるなか、変革の先導者として、お客様と共に未来を築き、次々と登場する新しい技術やトレンド、変化を楽しみ、企業とその先にいるエンドユーザーのより良い体験の実現に向けて、未知の可能性を一緒に追求していきましょう。