クラウドPLMサービスの成長と採用

公開日

クラウドPLMは、従来のオンプレミスPLMよりもシンプルで柔軟性の高いデプロイメントによりその工数負担を低減しさらにクラウドPLM導入におけるトータルコストを低減することができます。ここでは、クラウド上でのTeamcenter実装の概要と実装のためのさまざまなアプローチ、そしてAmazonクラウド上でTeamcenterを展開する際の重要なポイントについて、詳しく説明します。

クラウドベースのPLMは、初期企画段階からから設計、エンジニアリング、製造、保守サービス、品質の管理と保証に至るまでの製品ライフサイクル全体にわたって、データの統合やコラボレーション、ナレッジトランスファー、予測分析をサポートするためのプロセス統合を可能にします。それによりクラウドPLM導入企業はエンドツーエンドの十分な情報に基づいた意思決定をより迅速に行うことができるようになります。さらに、クラウドPLMは、デプロイメントを簡素化して所要時間を短縮し、柔軟性を提供して、総所有コストを削減します。

デジタルトランスフォーメーション時代のスマートエンジニアリングとデジタルマニュファクチャリングのためのイニシアチブは、インダストリー4.0の推進力であり、単に研究開発のためのイノベーションにとどまらず、Extended Enterprise(拡張企業)*1でのイノベーションをもたらします。グローバル市場で競争優位性を図る企業は、イノベーションを実現するために、PLM実装のための効果的な戦略に力を注いでいます。クラウドコンピューティングの柔軟性が高まりコスト効率がよくなるにつれて、製品ライフサイクル管理を企業の研究開発プロセスに不可欠なものとする動きが進み、バーチャルマニュファクチャリングのパラダイムを創出しています。クラウドサービスは、ランドスケープ全体を作り変え、複数のドメインでグローバル市場を変化させ続けています。PLMは、クラウド技術によって変貌を遂げる次の領域にすでに入っています。企業がグローバル市場で競争優位性を確保し続けるためには、第二世代のサーバ/クライアントからDX時代の第三世代のクラウドへ移行することがグローバルトレンドとなっています。。クラウドベースのPLMは、企業のエグゼクティブクラスの方々が製品ライフサイクル全体のデータを使用して情報に基づいた意思決定をより迅速に行い、デジタルトランスフォーメーションのイニシアチブを推進することを可能にします。

クラウドエキスパート、PLMエキスパート、ベンダーが提供するアーキテクトたちが生み出すクラウドPLMだからこそ得られる相乗効果は、最適なアーキテクチャをゼロから設計する機会をお客様に提供します。Teamcenterをクラウド上に展開するための適切なアプローチを選択することは、すべてのビジネスニーズの達成につながります。

クラウド上でのTeamcenter実装の概要と実装のためのさまざまなアプローチ、そしてAmazonクラウド上でTeamcenterを展開する際の重要なポイントについてのキャップジェミニの見解をレポートにまとめました。ぜひお読みください。TeamcenterはキャップジェミニのパートナーであるSiemens Digital Industries Softwareの主力PLMシステムであり、Amazonクラウドは同じく弊社のパートナーであるAmazon Web Servicesのプラットフォームです。

*1:主に経営学の分野でグローバル企業の要件として提唱されてきた“Extended Enterprise(エクステンデッド エンタープライズ)”という概念。サプライチェーンをさらに拡大した企業間の連携やネットワーク化という流れがクラウド化の進展により加速しています。

JP PoV Growth And Adoption...

File size: 1.58 MB File type: PDF