明日への備え:
中国からの展望 – Part 1

公開日

中国では、パンデミックにより、多くの企業が自社の改革をペースアップする必要に迫られています。キャップジェミニ・インベントの専門家が、中国企業がイノベーションを通じて課題をどのように克服しているのか、そしてビジネスの未来をどのように再定義しているかを調査します。

中国の小売業者はリソースの共有により、需要の急増を管理

3か月前にCOVID-19の発生が報告されて以来、中国はこの重症な感染症を抑え込むために捨て身の覚悟で経済を犠牲にしてきました。大部分のビジネスセクターは経済的制約に苦しんでいましたが、オンラインの生鮮品市場ではビジネスが急増しました。このセクターでは需要を満たすために新しく予期しない課題を克服しなければなりませんでした。主要プレーヤーが実施した課題への取り組みは、食料品および生鮮食品の流通における将来のベストプラクティスを示している可能性があります。

ビジネスの急増

国レベルでの都市封鎖の拡大により、生鮮食品や食料品のオンライン購入が必要不可欠となりました。その結果、オンラインの生鮮食品市場における需要が急増しました。

ウォルマートのデータによると、1月最終週(旧正月と危機が始まる直前)、野菜の供給量は10,000トン強、肉の供給量は2,000トン強でした。 ところがわずか3週間後、その需要は1.5倍に増加し、今も増え続けています。

 

Perspective From China Part 1

都市封鎖により、オンラインショッピングがなくてはならないものに・・・

宅配の主要プレーヤーの1社であるJDによれば、このたびの中国の旧正月期間の 総注文量は前年同時期と比べて700%以上、果物と野菜の注文量は400%増加したとのことです。

全体として、生鮮食品の急激な需要の増加はすべての主要企業に利益をもたらし、オンライン食料品ビジネスにおける以下の3つの主要指標を押し上げました。

  1. オンライン注文数
  2. オンラインプラットフォームの全般的な新規ユーザー(特に高齢者グループ)
  3. 同様に増加した平均トランザクション値

人的資源に新たな柔軟性を導入

生鮮品が豊富にあるにもかかわらず、生産能力の不足により需要の急増に対応できず、それが製品の入手を難しいものとしていました。しかしそれ以上に重大な制約、その最たるものが労働力の不足です。都市封鎖が人的資源を動員する能力にダメージを与え、ロジスティクスを処理しオンライン顧客にサービスを提供する人的資源の不足を招いたのです。

小売業界でイノベーションの成功を認められているアリババは、人材共有を目的として設計された「リソースリースモデル」を導入しました。同社は、需要の大幅な増加に直面している食料品チェーンHema(フーマー)向けに、労働力のギャップを埋めオンライン注文に対応する、臨時のリソース共有を開始しました。フーマーはスタッフ不足に悩まされていました。一方、従来型のあるレストランチェーンは複数の店舗を閉鎖したため活用しきれない従業員にかかる過度のコストに苦しんでいました。そこでフーマーは、これらのレストランチェーン店と提携して人材を共有しました。まさに双方にとってメリットのあるWin-Winのソリューションです。

Perspective From China Part 1

双方にメリットのある状況を生み出す提携

 

今回の危機の最中にこの「リソースリースモデル」を導入したアリババは、これをさらにデジタル化して産業化する準備をしています。4月には共有人材を管理し、「リソースリースモデル」を通常の運用に統合するためのデジタルプラットフォームを導入します。フーマーによれば、データ分析を適用することで、長年の経験、専門分野、適した役割など、従業員プロファイルを分類できるとのことです。

中国における人材共有は、現在は日本やヨーロッパに及ばないものの、今後は雇用の柔軟性が一層高まる可能性があります。しかし、この人材管理への新しいアプローチに期待する利点はこれだけではありません。

まず、人材を柔軟に共有するためのデジタルアプローチでは、従業員を共有する際の雇用主の責任を明確にし、法的説明責任と保険に関する問題を解決する必要があります。

 次に、リアルタイムの柔軟性により、リカバリーの速度の変化に対応して、需要に合った人材を探せます。さらに、中国の旧正月など、中国のデジタルコマースの他のピークイベントについても検討・対処できることでしょう。

デジタルツールによって強化された新しい「リソース共有アプローチ」は、全般的に、さらなる可能性と柔軟性を提供し、雇用状況を変える可能性があります。私たちは、中国から発信された記事が示す将来の展望を通して、中国における回復からのビジネスインサイトを共有し続けます。

 


Co-authors

Carol Wang

Consultant

Capgemini Invent

 

 

Julien Bourdinière

Executive Vice-President & Managing Director | Global Head of Consumer Products, Retail & Distribution

Capgemini Invent

Related Posts

The potential of artificial intelligence in customer engagement

Date icon 2020年10月22日

When the CRMs are enabled with AI, businesses can hit those major aspects of modern customer...

big data

Beyond the AIOps hype: Part 2

Sindhu Bhaskaran
Date icon 2020年10月12日

In this, the second in her blog series exploring AI for IT operations (AIOps), artificial...

big data

Beyond the AIOps hype: Part 1

Sindhu Bhaskaran
Date icon 2020年10月12日

AIOps (AI-enabled IT operations) offers unprecedented opportunities to get to grips with even...