Kota

キャップジェミニでの仕事は実に刺激的かつ多様です。

キャップジェミニでのキャリア

 

キャップジェミニでの仕事
私はアナリストとして製造業のお客様を担当するチームに所属しているのですが、今参画しているプロジェクトでは、お客様のあるサービスのアウトソーシング先を選定するお手伝いをしています。当件では何百億ものお金が動く契約を結ぶため、中長期戦略を持って委託するベンダーを定めなければなりません。とてもやり甲斐のある仕事だと感じています。
キャップジェミニが私の人生をどう変えたか
私は好奇心が強く、多くの趣味を持っていました。そのような私にとっても、キャップジェミニでの仕事は実に刺激的かつ多様です。海外オフィスとの電話会議、プロジェクトに関係する外部団体/機関へのヒアリング、お客様への説明資料作成、Excelでの投資効果シミュレーション実施といった業務が同じ一日に発生します。そのおかげで、私の好奇心は大いに満たされ、プライベートの趣味と同じくらい仕事が楽しくなり、お金も貯まるようになりました(笑)。
キャップジェミニでの成長
キャップジェミニはE-learningや海外オフィスでの研修など、社員教育にも力を入れていますが、日本オフィスで特筆すべきなのは、アーリーステージのおかげで、役職の高い人達との距離が非常に近い点です。部内のマネジメント層の方々に若手が直接報告を行ったり、意見を述べてアドバイスをもらうことができるファームは少ないと思います。確かなキャリア・経験に基づく金言を貰える上、よく練ったアイデアを持っていかないとレビューが長引くこともありますが(笑)、自分の成長を促す環境だと思います。
仕事の楽しさ
内部にも外部にも優秀な方が多く、そういった方々と意見を交わしながら成果を出していくことはとても楽しいです。また、M&A戦略策定、新規サービス立案、BPR・・・といったように関与できるプロジェクトが多岐に渡ることも飽きずに楽しめる理由です。
自身の課題
上司や先輩方と比べ、自分にはプロフェッショナル意識が絶対的に不足していると感じています。そもそもプロフェッショナルがどのように考え・行動するかがまだまだ習得できていないという部分もありますが、甘えや妥協を減らすよう、100%のアウトプットを出すためのマイルストーンやスケジュールをしっかり組み立てつつ、仕事を進めていきたいです。
記憶に残る仕事
入社した直後のプロジェクトで、消費財メーカーのお客様の社内ポリシーの草案をほぼ1人で作成しました。それは形をいくらか変えたものの、現在ではお客様の従業員数万人の活動を規定するものとなっています。
達成したこと
目に見える成果もそうですが、お客様に「なるほど」「この資料良いね」など言ってもらうことが仕事をしていて最も達成感がある瞬間です。それを積み重ねていくことが、今後の自分の誇りとなっていくと思います。
私のキャリアゴール
現在は選択肢が多すぎて明確なキャリアゴールが設定できていません。事業会社に移ったり、自分で会社を起こすのも良いですし、キャップジェミニあるいは別のファームでプリンシパルやパートナーになる、など、ここで得られるキャリアパスは多様です。可能性をできるだけ閉ざさず、徐々に自分の変化に伴い選択肢を絞って行けたら良いなと考えています。

 

プライベートについて

 

趣味
音楽を聞くこと、マンガを読むこと、スポーツや映画を観ることが趣味です。
休日の過ごし方
友人と過ごすことが多いですが、それ以外は上記趣味や勉強に費やしています。
人生のゴール
毎日楽しいなと感じ続けることが人生のゴールです。アウトプットを重く見られる仕事ですが、人生はアウトプットでなくプロセス勝負だと考えています。

 

キャップジェミニで働く素晴らしさ

 

会社の規模がまだ小さいため、若い内から裁量の大きな仕事を任されることが多く、成長が促されます。その中で、自分独自の長所、スキルを発揮しつつ成長できていると実感できれば、それは大きな自信になります。

 

キャップジェミニの強み

 

経歴、国籍、文化など多様なバックグラウンドを持った人々が、あまり大きくない日本オフィスでひしめきあっており、知りたいことのヒントを持った人間が必ず近くにいます。また、各国オフィスとの連携の中で、世界各国の最新事例やノウハウが常に共有されています。その様な環境でなければ提供できない情報や知見がキャップジェミニの強みだと考えています。

 

Kota