サステナビリティ:自動車業界の戦略的優先事項

キャップジェミニは、情熱をもって、エンドツーエンドの持続可能なモビリティに向けた自動車関連企業のトランスフォーメーションを支援します。

自動車関連企業は、サステナビリティを戦略的優先事項とするとともに、かつてないほど重要かつ差し迫った課題としています。これは良いスタートではありますが、オートモーティブバリューチェーン全体で基礎固めのアクションが必要です。ガバナンス、測定、監視を強化し、サステナビリティへの投資を、EVの研究開発や製造への大規模な増資以上に、大幅に増やす必要があります。真のサステナビリティを実現するためには、EV戦略そのものが再生可能な充電インフラと循環経済(サーキュラーエコノミー)のエコシステムに支えられていなければなりません。これらのイニシアチブは大きなインパクトをもたらします。しかし長期的に見ればやはり、サステナビリティに対する構造的アプローチが自動車業界必要です。自動車関連企業は自社のサステナビリティ戦略の成熟度を慎重に評価し、サステナビリティのリーダーたちから学び、サステナビリティを組織全体のミッションとする必要があります。

キャップジェミニ、オートモーティブセクター・グローバル・ヘッド、Markus Winkler 

自動車業界はサステナビリティに関し着実に前進してきましたが、システミックなアプローチに向けて、さらなる加速必要です遅れを取り戻し、より環境に優しい業界となるためには、サステイナビリティと電気自動車の戦略をより密接に結び付け、サーキュラーエコノミーへの投資を増やすという2つの重要な優先事項に対して、より明確なフォーカスをもつ必要があります

Smart Mobility Connect