キャップジェミニ、
2年連続で2022 Business Intelligence Group Innovation アワードを受賞

公開日

【2022年5月23日、パリ発】 – キャップジェミニは本日、Business Intelligence Groupが主催する2022 BIG Innovation アワードにおいて、2度目の受賞をしたことを発表しました。キャップジェミニ独自のエンドツーエンドのプロジェクト管理・請求書発行ソリューションである「Digital Customer Invoicing Solution」が評価されました。このソリューションにより当社では、受注から現金回収(O2C)までのプロセスを簡略化し、財務チームの業務効率化を実現しています。

本ソリューションにより、マニュアルプロセスが不要となり生産性が向上し、さらには独自の従業員のデジタル体験がチームに提供されます。また、プロセスの標準化、エラー削減、コンプライアンスの強化につながっています。

キャップジェミニ、ビジネスサービス部門、ファイナンス・アカウンティング・プラクティスヘッドのDavid Lumleyは次のように述べています。「企業はアジャイルかつレジリエントなチームの構築に注力しており、効率を高めマニュアルプロセスを最小限に抑えるインテリジェント・デジタル・ソリューションを模索しています。キャップジェミニでは、イノベーションを促進し、マニュアルプロセスを自動化して、コラボレーションを強化する技術ソリューションにより、チームが緊急性の高い業務に集中できるように取り組んでいます。今回の受賞で、当社の「Digital Customer Invoicing Solution」が評価されたことを嬉しく思います。この受賞は、フリクションレスなオペレーションの創出という当社のコミットメントを、一層明確に示すものです」

Business Intelligence Group最高執行責任者Maria Jimenez氏は次のように述べています。「イノベーションは世界経済の成長を牽引するものであり、この役割をリードする企業の一社であるキャップジェミニを表彰できることを喜ばしく思います。キャップジェミニのソリューションは、第三者の請求書処理において業務効率の向上と最高品質のデータの結果を実現する、革新的な自動化ツールであることが評価され、選定されました」

Business Intelligence Groupの年間ビジネス・アワード・プログラムでは、新しいアイデアを革新的な方法で実現している企業、製品、人材を表彰しています。

キャップジェミニについて

キャップジェミニは、テクノロジーの力を活用して企業ビジネスの変革・推進を支援するパートナーシップにおけるグローバルリーダーです。キャップジェミニ・グループは、テクノロジーを通して人々が持つエネルギーを解き放つことで、包摂的で持続可能な未来を目指し、日々まい進しています。私たちは、世界約50ケ国の34万人に及ぶチームメンバーから成る、極めて多様的で責任感の強い組織です。キャップジェミニは、55年にわたって積み上げてきた経験と実績そして豊かな専門知識を活かし、クラウド、データ、AI、コネクティビティ、ソフトウェア、デジタルエンジニアリング、プラットフォームなど、急速に進化するイノベーティブなテクノロジーを原動力として、戦略から設計、オペレーションに至るまで、お客様の幅広いビジネスニーズすべてに対応して、お客様から厚い信頼をいただいています。グループ全体の2021年度の売上は、180億ユーロです。
Get the Future You Want – 望む未来を手に入れよう | www.capgemini.com

Business Intelligence Groupについて

Business Intelligence Groupは、ビジネス界における真の才能と優れた業績を評価する目的で設立されました。他業界のアワードプログラムとは異なり、経験や知識を有する企業の経営層が審査を行っています。独自のスコアリングシステムを用い、複数の事業領域にわたるパフォーマンスを選択的に測定し、同業他社を凌駕する成果を上げた企業を表彰しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
キャップジェミニ株式会社
マーケティング&コミュニケーションズ
marketingjapan.jp@capgemini.com

News alert

File size: 90.48 KB File type: PDF