キャップジェミニ・
エンジニアリング

キャップジェミニ株式会社に関する詳細はこちらから

キャップジェミニ・エンジニアリング

インダストリアルIoTやインダストリー4.0、パーベイシブインテリジェンス、「ソフトウェアデファインド」な製品・サービスなど、デジタル化により、物理的なものづくりの世界は激変しています。 

キャップジェミニ・エンジニアリング(*) は、物理世界とデジタル世界を融合するための技術、エンジニアリング、製造に関する深い専門知識を活用し、お客様のデジタルへの投資価値の最大化グローバル体制でお手伝いしています。


2021年1月1日エンジニアリングおよびR&D(ER&D)グローバル・ビジネス・ラインを立ち上げ
アルトランとキャップジェミニDEMS(デジタルエンジニアリング&マニュファクチャリングサービス)を統合し、エンジニアリングおよびR&D(ER&D)グローバル・ビジネス・ラインを立ち上げました。

2021年4月1日 :新ブランド – キャップジェミニ・エンジニアリングの誕生
キャップジェミニのエンジニアリングおよびR&D(ER&D)グローバル・ビジネス・ラインがキャップジェミニ・エンジニアリングとして生まれ変わりました。これは、キャップジェミニ・グループ独自の強み ー 世界をリードするアルトランのエンジニアリングならびにR&Dサービスと キャップジェミニのデジタルマニュファクチャリングの専門知識を統合した新ブランドです。キャップジェミニ・エンジニアリングは、52,000人強のエンジニアや科学者のチームメンバーを30カ国以上に展開して、航空、自動車、鉄道、通信、エネルギー、ライフサイエンス、半導体、ソフトウェア&インターネット、宇宙・防衛、消費財など、さまざまな分野でサービスを提供します。

 

 

Service Info


 

以下のサービスを通して、お客様のバリューチェーンの再定義や価値創造をご支援いたします。 

IoT&コネクテッドプロダクト (コネクテッドな製品やデジタルプラットフォーム、Product-as-a-Service の経済をけん引するソリューションを構築する、エンドツーエンドのサービス) 

  • スマートプロダクト&システム開発
  • ソフトウェア製品エンジニアリング
  • スマートサポートサービス

スマートエンジニアリング AI、ジェネレーティブデザイン、ロボティクス、MBSEなどの次世代技術で トランスフォームされた、中核となるマルチディシプリナリーなエンジニアリング) 

  • 機械&電気エンジニアリング
  • バーチャルエンジニアリング
  • 製品&システムテスティング
  • プロダクトライフサイクルエンジニアリング
  • テクニカルパブリケーション&製品文書作成

デジタルマニュファクチャリング (スマートでセキュア、アジャイルなファクトリーとインダストリー4.0のサービスを デジタルにより実現することで製造をトランスフォームする、エンドツーエンドのサービス) 

  • 製品ライフサイクル管理
  • スマートファクトリー
  • インダストリアルIoT

Case study


 

  • 大手製造業向け 次世代デジタル開発プロセス定義支援プロジェク 

MBSE(モデルベースドシステムズエンジニアリング)を用いた科学的な製品開発手法を積極的に活用し、新たな価値創造やイノベーティブな設計、コスト削減、リードタイムの削減に貢献

  • 大手日系ITベンダー向け PLMソリューションのグローバル協業プロジェクト 

PLMのコンサルティングおよび開発・導入支援、グローバルマーケティング支援を実施 

  •  大手製造業向け 医療機器の新製品開発・機能強化プロジェクト 

医療機器分野における当社の専門知識を活用して、様々な医療機器のためのシステムエンジニアリング、バリューエンジニアリング、エンドツーエンドオートメーション、医療機器開発(新製品開発および機能強化(バージョンアップ))の複数のプロジェクトを実施 

 

Section Leader


 

望月 正彦
Masahiko Mochizuki

外資系大手ソフトウェア企業、及びエンジニアリングサービス企業にて約25年間にわたり、エンジニア及びマネジメントを経験。ソフトウェア製品のマーケティング、プリセールスを経て、米国本社にてソフトウェア製品開発およびテスト自働化プロジェクト等を推進、また日本国内においてはIT大規模システム導入のプロジェクトマネジメント等に従事。その後、自動車、工作機械、医療機器、重工業、ハイテクなど製造業のお客様を中心に、エンジニアリングサービス及びそのITプラットフォーム導入支援サービスを提供。国内と海外のエンジニアをベストミックスで活用する組織のマネジメントを得意とし、お客様と共にグローバルビジネスモデルの構築とその活用に貢献。CPIM(米国生産在庫管理士)を保有。国内では数少ないCPIMの講師としても活躍。