Case study – トランスフォーメーション・マネジメント & PMO

日系大手電機メーカー

About the Client

同業他社の一部の事業を買収し、その事業をいち早く自社に取り込み、新たな事業ポートフォリオの確立が求められていた。

The Business Need / Challenge

PMI(Post Merger Integration)として、早期に買収した事業の業務プロセスおよびシステムを自社に統合する必要があった。

 The Solution

買収した事業の業務プロセスおよびシステムの自社内への統合をするための計画策定およびその実行をリード、プロジェクトの管理をPMO(Project Management Office)として支援。

 The Collaborative Business Experience

PMOの体制を弊社、お客様、関連ベンダーで構成し、共同でプロジェクトリード、管理を実施した。

The Benefit (Results Count)

業務プロセス、システム統合のアクションを迅速に動かし、PMI推進に貢献した。

 


日系大手エネルギー生産設備設計・建設企業

About the Client

グローバルで、エネルギー生産・貯蔵設備の設計・開発を行い、工事は3rdパーティーを活用。完成設備はリース供給とオペレーションサービスまでを手掛ける事業会社。

The Business Need / Challenge

グローバルで事業展開をする同社では、統合されていない旧ITシステムを利用して各国の設備別プロジェクト管理や会計業務を行っており、早急な新ITシステムへの移行が求められていた

 The Solution

・エネルギー業界の標準オペレーションのERPテンプレート導入
・地域を跨る機能の統合
・データマネジメントの導入によるグローバルレベルの見える化
・データマネジメントに基づく分析機能の導入

 The Collaborative Business Experience

・キャップジェミニのグローバルレベルでのモビリティーによる米国、南米を含む導入体制支援により、変革および実現の迅速化に貢献した。

The Benefit (Results Count)

その結果、顧客内部のオペレーションコストの低減と生産性向上、およびグローバルでのオペレーションモデルの標準化を実現した。

 


国内メガバンク

About the Client 

マイナス金利や国内市場の飽和を受け、成長戦略の柱の一つとして海外市場での利益創出を狙う必要があった。

The Business Need / Challenge

海外市場のトップラインの拡大に向けた新商品に対する対応力の強化、コスト削減の実現に向けた事務の標準化に向けて、事務・ITのプラットフォームの構築が急務であった。
20年以上存続していたシステムを更改すると共に、各拠点事務の集約を目指していた。

 The Solution

・事務の集約に向けたロケーション戦略・組織戦略・集約対象業務選定等の検討
・クライアントの特性に応じたグローバルでの地域別システムマップの検討
・グローバルかつ大規模プロジェクトのPMO組織のあるべき姿の検討
・プロジェクト管理方針の策定
・ユーザータスクの各種計画策定・推進

 The Collaborative Business Experience

多岐に渡る関係部門・拠点の利害を集約すべく、顧客の主要なマネジメントと密なコミュニケーションをとり、実現可能な計画の策定を実施した。
実行フェーズにおいては常にファクトに基づいたプロジェクトの問題点を提起し、リスクについて早期エスカレーションを実施した。

The Benefit (Results Count)

Fact(事実)に基づいた検討材料を提供することにより、クライアント内での議論を促進、ITベンダーの開発スキルの問題点やプロジェクト運営上のリスクを早期に協議することでシステムリリース時のリスク低減を実現した。

お問い合わせ

お問い合わせありがとうございました。

We are sorry, the form submission failed. Please try again.