Case study – PMIコンサルティング

日系大手消費材メーカー

About the Client 

市場の成熟により国内における成長余地が限られる中、積極的なM&A展開によりグローバル市場に進出。異なる文化・価値観をもった複数の組織を傘下にした上で、統合シナジーを継続的に創出していくことが求められていた。

The Business Need / Challenge

ビジネスの統合に追従し、統合シナジーを最大化していくためには、土台となるシステム・IT組織の統合は先行して整えておく必要があった。
自社が親会社とはいえ、合併した企業は既にグローバルに展開をしており、成熟したケーパビリティをもった組織と大規模なITインフラも保有していた。本社が主導権を持ちつつ、グローバル資産も十分に活かしつつシナジーを創出するため、IT組織のグローバル統合戦略を検討した。

 The Solution

・IT組織、人材、ガバナンスの観点からIT組織のグローバル統合戦略の検討
・先行実績やグローバル事例を参照しつつ、あるべき姿をディスカッションしながら実現のための施策を検討
・具体的な方向性や将来像の検討のみならず、統合先グローバルとのコミュニケーションの支援やマネジメントとの合意形成を支援
・チェンジマネジメント計画の立案

 The Collaborative Business Experience

推進にあたっては、机上の空論とならないよう、実務上のキーマンを検討に巻き込みながら、また、マネジメントや合併先企業キーマンと密にコミュニケーションする等、チェンジマネジメントの手法を活用しながら顧客と一体となった推進を行った。

The Benefit (Results Count)

IT組織のグローバル統合検討を通して、合併先企業とも密にコミュニケーションを重ねる中で、グローバルIT組織としてあるべき姿が共有された。
統合に向けた個別の施策も着実に具体化されており、事業側に先駆けてITの一体化によりビジネスの統合に際して適切な支援を行う体制を整え、幾つかのチームにてグローバル連携プログラムを開始した。

 

お問い合わせ

お問い合わせありがとうございました。

We are sorry, the form submission failed. Please try again.