Case study – デジタル・トランスフォーメーション

グローバル大手自動車メーカー

About the Client

事業環境の変化・事業の拡大に伴い、工場における部品生産ラインの複雑化が進んでいた。特に、コア部品の生産工程が複雑化し、品質課題に繋がっている状況となっていた。

The Business Need / Challenge

顧客企業は、生産ラインのシステムから多様な品質データを収集する仕組みを構築した。しかし、収集されたデータから重要な品質パラメータや部品品質への影響を識別することが難しく、結果として複雑な品質改善活動を強いられ、製造プロセスの遅延を招いていた。
このような状況を受け、収集した品質データの効果的な活用と、それによる品質改善が強く求められていた。

 The Solution

・生産プロセスを継続的に監視・制御するためのデータマイニングおよび予測分析ソリューションを導入
・製造プロセスを通して製品毎に収集されたデータレコードとそれらのデータ関係性の分析を支援
・プロセス上の変数がある一定の閾値を超えた場合、迅速にエラーを出し、且つ、製造プロセスを制御することを可能とし、エラー発生前にシリンダーヘッドの欠陥の予防する仕組みを実現

 The Collaborative Business Experience

クライアントとキャップジェミニは、これまで約20年に渡り、あらゆる改革を共に推進してきた。クライアントのバリューチェーン全体を網羅したビジネス、プロセス、ITに対する深い理解により着実な価値提供に繋がっている。

The Benefit (Results Count)

データマイニングと予測分析ソリューションの導入により、収集した大量のデータを効果的に分析し、製品品質に与えるキーファクターを導くことを可能とした。
これにより、コア部品の生産ラインの生産性が25%向上した。


グローバル大手重工メーカー

About the Client

オートメーション領域におけるFA機器メーカーとしてハードを中心に事業を展開してきたが、近年の製造業における顧客ニーズの多様化の潮流を一早く捉え、ソフトウェア企業を買収するなど、ハードとソフトの両面で高い世界シェアを占めるようになっていたが、製品のコモディティ化などによる競争の激化により、顧客のニーズにワンストップで対応可能なサービスや体制構築による他社との差別化が求められていた。

The Business Need / Challenge

差別化の方向性としては、従来の製品中心のビジネスモデルからサービス中心のビジネスモデルへのシフトを狙っていた。次世代を意識した新しいサービス内容の企画と、それを実現するプラットフォームの設計が必要であった。

 The Solution

・既存のサービスと新規のサービスをまとめて提供するIoT・アナリティクスアプリケーションのためのデジタルプラットフォームを導入
・アナリティクス主導のサービスを構築、製品から独立した3つの付加価値サービスを提供
-パフォーマンス&コスト最適化サービス、サステナビリティサービス、設備制御機器/エネルギー管理サービス
・成果報酬型の新しい収益モデルを構築
-保証性能レベル定義、削減ベースの支払い

 The Collaborative Business Experience

デジタル戦略策定とIoT・アナリティクスプラットフォーム構築を通じ、顧客がサービス中心のビジネスモデルに移行し、成果報酬型ビジネスモデルを運用するサービスの実現に貢献した。

The Benefit (Results Count)

・新たなサービスにより、メンテナンス・ライフサイクルコストを削減し、製品価値・顧客満足度を向上させることができた。
・サービス中心のビジネスへの移行により、競合との明確な差別化に成功した。
・その他の事業領域におけるIoTベースのビジネスでも使用可能なビッグデータ解析プラットフォームを構築することができた。
・成果報酬型サービス販売による利益の向上(Pay per Performance)とシステムの高い可用性を備えたプレミアム保守サービスを確立した。

お問い合わせ

お問い合わせありがとうございました。

We are sorry, the form submission failed. Please try again.