Case study – イノベーション・マネジメント

日系大手精密機械メーカー

About the Client

顧客は高い技術力に定評があり、海外顧客からも高い評価を受けていた。
しかし市場の技術革新は一層高速化してゆく中で、それに追随して更なる開発リードタイムの短縮が求められている状況であった。

The Business Need / Challenge

開発難易度が上がる一方で短納期を迫られるような状況だったが、計画作成・管理が弱く、遅延が発生。そこで先ず、網羅的かつ具体的な開発プロセスの視える化(WBS:Work Brakedown Structure導入)を行い、次に開発リードタイムを短縮するべくバッファマネジメント手法を導入した。また、導入にあたりミドルマネジメントに対する意識変革に取組み、計画文化の定着化を図った。

 The Solution

・現状分析、施策方向性立案、ツール選定/導入、定着化に至るプロジェクト運営方法論の活用と実行
・ツール選定時の評価手法の検討
・意識変革プログラムの活用と実行

 The Collaborative Business Experience

方法論や各種知見の提供、改革実行の経験を活かしたプロジェクトマネジメント支援や現場の意識改革推進等で貢献した。

The Benefit (Results Count)

WBS・バッファマネジメント手法の導入企画・実行支援により開発期間が大幅に短縮された。チェンジマネジメント方針の策定と実行により、定着率の向上を実現した。

 


 

日系大手精密機械メーカー

About the Client

高い技術力に支えられ、対象製品領域におけるグローバルリーディング企業として君臨してきた一方で、後発企業の追従により競争が激化してきており、マーケットポジジョンの維持・拡大に向けてはイノベーティブな製品を、より早く・着実に市場に出していくことが求められていた。

The Business Need / Challenge

製品開発の複雑化・大規模化、Time to Market/開発ライフサイクルの短期化といった環境変化を背景に、従来は強みであった、すり合わせ・現場依存型の管理スタイルの限界を認識し、プロジェクトマネジメントの強化/体系的なプロジェクトマネジメントの導入を進めていくことを決断した。

 The Solution

・プロジェクトマネジメント標準ガイドラインの作成
・ガイドラインのプロジェクト適用・定着化計画の作成・推進
・プロジェクトマネジメントに関するエンジニアケイパビリティ評価・育成の実施
・パイロットプロジェクトにおけるプロジェクトマネジメントの実行

 The Collaborative Business Experience

キャップジェミニの豊富な実績に裏付けされた方法論や知見を提供しつつクライアントの実情を踏まえたガイドラインを作成した。
また、実プロジェクトでの着実なガイドライン活用/プロジェクトマネジメント力強化に向け、プロジェクト現場に入り込んだエンジニア育成・教育、および、プロジェクトマネジメント実行支援を実施した。

The Benefit (Results Count)

直接ガイドライン適用を支援したプロジェクトにおいては、体系的な管理の枠組みを導入すると共に、エンジニアの管理意識向上も進み、着実なプロジェクト運営・推進に貢献した。
ガイドラインは開発部門全体に展開され、複数の製品開発プロジェクトにおいてその着実な推進に寄与している。

 


日系大手自動車部品メーカー

About the Client 

主力製品においては、高い市場シェアを占有していたが、世の中の変化や進化が激しく、顧客が求める要求も変わってきており、単品製品の製造販売ではなく、システムメーカーへの変革が必要であった。そのため、将来の自社製品が進むべき方向性を示すために必要な新しい観点での製品ロードマップの作成が求められている状況であった。

The Business Need / Challenge

これまでの製品ロードマップは、技術的観点が強く、市場や顧客、ビジネスを意識した内容になっておらず、世の中のトレンドからギャップがある製品・技術となってしまう製品が発生し、ビジネス機会を逸してしまうことも多かった。そのため、世の中のトレンドや顧客からの要求を考慮し、製品レベルのロードマップからシステムレベルのロードマップへと進化させる必要があった。

 The Solution

・既存ロードマップのアセスメント、今後のアクションプランの検討
・既存ロードマップ更新の方針検討
・既存ロードマップの更新/論理展開の検証

 The Collaborative Business Experience

弊社は、製品ロードマップ策定に関する知見・経験を基に、既存ロードマップのアセスメントを行い、改善ポイントに関するアドバイスを行った。クライアントはそのアドバイスを基にロードマップの更新を進め、協働してロードマップの更新作業を推進した。

The Benefit (Results Count)

今後の製品ロードマップに求められる観点や軸を明確にし、新しい検討観点やシナリオ展開、運用の見直しを支援したことで、これまでの担当者の属人的な作業から組織的で継続な活動へ移行した。

お問い合わせ

お問い合わせありがとうございました。

We are sorry, the form submission failed. Please try again.