Case study – IT戦略・ITマネジメント

日系大手自動車メーカー

About the Client

長年にわたるITベンダー1社単独でのアウトソーシング体制と包括的(全面的)な委託により、ITサービスの企画・実行・体制に対するコントロールが効かない状態(ロックイン状態)に陥っていた。

The Business Need / Challenge

中期経営計画によりビジネス革新・グローバル化の加速が示され、IT部門においてもビジネス革新・グローバル化を支えるグローバルITサービス体制の確立が求められていた。このような背景の中、外部ベンダとの包括的なアウトソーシング契約の更新を機に、グローバルITサービス体制の確立に向けたソーシング戦略の見直しを実施した。

 The Solution

・中期経営計画の実現に向けたソーシング戦略の立案
・領域・地域別に求められるケイパビリティを考慮したITサービス体制の検討
・ビジネス環境変化とIT技術革新に柔軟に対応する為の最適な委託スキームの検討
・領域ごとに必要なケイパビリティを備えた最適なITベンダーの選定
・アウトソーシング契約締結に向けたITベンダーとの交渉戦略の策定

 The Collaborative Business Experience

これまで長期間にわたり顧客企業と様々な改革を行う中で強い信頼関係を構築した。共に実現した改革の例として下記が挙げられる。
・中長期的な最適ソーシングの実現
・環境変化によるリソース変動への対応
・必要なケイパビリティを充足したITサービス体制の確立
・ビジネス領域、リージョンの協力体制の確立

The Benefit (Results Count)

グローバルITベンダーの採用により海外拠点への支援を強化し、グローバル化を加速した。また、マルチソーシングによる競争環境の確立とオフショア・ニアショアの積極活用により、最適ソーシングおよびコスト改善を実現。その際に領域別に最適なベンダーを採用することにより、利便性、セキュリティ及びサービスレベルを向上した。
交渉戦略を早期に策定し、状況に応じてクイックにシナリオの調整を行うことにより、ビジネス要件に合致する契約締結に貢献した。

 


日系大手素材メーカー

About the Client

積極的なグローバル展開で事業拡大を進めており、グローバル展開に際しては、スピードを重視したリージョン別ITマネジメントをベースとしてきたが、その反面、グローバルでのITガバナンスが充分に効かない状況となっていた。

The Business Need / Challenge

事業環境変化に伴い、グローバルレベルでのビジネス構造改革・業務改革ニーズが高まる中で、ITにおいてもビジネスに対する柔軟な追従やビジネス貢献の強化が求められていた。
このような背景の中、組織・システムアーキテクチャの観点からリージョン最適からの脱却・グローバルITガバナンス強化に向けた取り組みを実施した。

 The Solution

・グローバルでの情報連携・意思決定の場として、リージョンCIO間でのマネジメントボードを設定
・複数BU/リージョンのマトリクス構造を踏まえたITマネジメントレポートライン、マネジメントルール・プロセスの設計・導入
・グローバルでのシステムアーキテクチャ最適化に向けたビジョン・ガイドラインの設定・導入・展開
・上記のITガバナンス導入に向けたチャンジマネジメントプラン・ロードマップの策定

 The Collaborative Business Experience

弊社の方法論や実績に伴う各種知見を提供・活用しつつ、各種方針検討を顧客と共に推進するとともに、策定方針の展開・導入に際したステークホルダコミュニケーションサポートなども行いながら、確実な導入に貢献した。

The Benefit (Results Count)

グローバルと連携したプログラムやITプロジェクトの効率的かつ迅速な企画・推進が可能となった。アーキテクチャ最適化ビジョン・ガイドラインをブラッシュアップしながら、グローバルでその実現に向けて体系的・継続的な取り組みが行われるようになった。
これらの取り組みの結果、グローバルでのビジネス貢献・コスト削減、ビジネスに対するITのプレゼンス向上が実現した。

 


日系大手自動車メーカー

About the Client

業界における製品(車)とITの融合の流れを受け、ITによる競争力強化に向けた変革が進めらていた。その中でIT部門がより重要な役割を担うべく、将来的なグローバルIT組織をどうすべきか、方向性を探っていた。

The Business Need / Challenge

ITによるビジネス貢献活動、特にコネクテッドカーの普及、技術進歩に伴い、ビジネス機会とステークホルダーが増加し、それらに対応するため、IT組織の役割・機能の見直しが求められていた。
このような背景の中、ビジネス貢献のために新たに必要となる、あるいは強化が必要となる組織機能を洗出し、グローバルIT組織としての将来像の検討を行う必要があった。

 The Solution

・コネクテッドカー、デジタルカスタマーエクスペリエンス観点を中心にビジネス貢献のためのIT組織強化方針の策定
・ビジネス貢献組織へシフトとするためのソーシング方針/機能配置方針の策定
・グローバルでのIT組織将来構想の立案
・将来構想に向けた想定人員規模の試算
・将来組織構想を実現するために必要な施策の検討

 The Collaborative Business Experience

弊社のコネクテッドカーに関する知見と顧客の現行取組み、関係部門との役割分担、課題認識を顧客と共有しながら、IT部門のビジネス貢献イメージを構築した。

The Benefit (Results Count)

中期的視点からIT組織によるビジネス貢献のあり方、IT組織の将来像を立案し、顧客社内における方向性検討のベースとなった。

 


日系エネルギー会社

About the Client

国内エネルギー業界の構造変化により、バリューチェーンの拡大、取扱いエネルギー変更、海外事業の拡大などの事業ポートフォリオの再構成が求められていた。

The Business Need / Challenge

事業ポートフォリオの再構成に対応するために、国内のみならず海外含めたビジネスプラットフォームの整備が必要となり、新CIOの下、デジタル/IT戦略が求められていた。

 The Solution

事業戦略、現状のIT課題から、IT改革方針を定義し、アプリケーション、デジタル、データ、Cloud、ネットワーク、IT組織、ITガバナンス戦略、実行のロードマップを策定

 The Collaborative Business Experience

ベンダーとお客様という形ではなく、お客様のIT戦略部門のメンバーとして役割分担しながら参画し、共同作業として実施。

The Benefit (Results Count)

新CIOの下、デジタル/IT戦略を策定したことにより、今後のデジタル、IT領域での活動の方向性を示し、実行のためのアクション(実行計画、プロジェクト立上げ)に貢献した。

お問い合わせ

お問い合わせありがとうございました。

We are sorry, the form submission failed. Please try again.