サイバーセキュリティの免疫性を高める:現行の在宅勤務シフトにおけるサイバーセキュリティ上のリスクに向き合う

今日の課題を明日の機会へとつなげるために

新型コロナウイルスがどこまで世の中を変容させるのか予測は難しいですが「一つとして、これまでと同じではあり得ない」と言っても表現がオーバー過ぎることはありません。今回、キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートでは、COVID-19の感染拡大を受け「本当に大切なものを守るために、組織はどうアクションを取るべきか」との命題に対する実用的なガイダンスを満載したリサーチノートを、連続でリリースしています。

言うまでもなく、健康に勝る優先事項はありません – 前回、私たちはバーチャル勤務の急速な拡大と、それによってリーダーも従業員も、これまでの行動や考え方を大きく変容させる必要があることを論じました。一方、在宅勤務が新たな常態となるに及んで、サイバーセキュリティが全く新しい意味合いを帯びることになります。今回のリリース第2弾「サイバーセキュリティの免疫性を高める:現行の在宅勤務シフトにおけるサイバーセキュリティ上のリスクに向き合う」では、コロナ危機下でサイバーセキュリティを何故重視すべきなのか、組織はリモート就業者のセキュリティをどうすれば向上できるのか、といったトピックを取り上げています。

危機は変化をもたらし、変化はチャンスを呼び込みます。ことサイバーセキュリティに関しては、今日この課題に費やす注力と投資が、企業の長期的な競争力の強化につながります。その結果として企業は、最新テクノロジーの進歩を活用し、在宅勤務が「避けられない現実」となった世の中で業務運営していくための用意と武器を手に入れるのです。

ご不明な点やコメント等ありましたら、こちらまでご連絡ください
健康第一で、皆さまにとって「本当に大切なもの」に注力されますよう。

レポートは右上のボックスをクリックしてご参照ください。

 

キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートが発行するレポートの事前購読をご希望の方は下記よりお申し込みください。

Subscribe

(JP)COVID-19 Cybersecur...

File size: 511.10 KB File type: PDF